SSブログ
前の20件 | -

Stardust / Linda Scott [スタンダード]

 ことしも七夕は雨ですね。
快晴、満天の星空の下の七夕祭りは、なかなかありません。
 
 ところで、星をテーマにした曲というのは、それこそ星の数ほどありますが、いちばん有名なというか、多くの歌手演奏家に、録音されたり歌われたりした曲は何でしょうね?

 たぶん、この曲はベスト10に入るでしょう。

 スターダスト  ナット・キング・コールをはじめ、世界中のアーティストが取り上げていますね。
もう、スタンダード中のスタンダードで、日本でもザ・ピーナッツなどはおなじみですね。
 アメリカンアイドルの、このシンガーも歌っていました。

 Stardust  リンダ・スコット

 
IMG_4566.JPG

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:音楽

夜の大捜査線 / レイ・チャールズ [ソウル R&B]

 テレビで「踊る大捜査線」というドラマが話題になったのはいつごろでしたっけ?
そのドラマが始まったころ、どっかで聞いたタイトルだなあと思ったのですが、テレビドラマも番組は見ていなかったので、そのままになっていました。

 今頃ですけど、どうやらこの映画からいただいたんじゃないでしょうか?
 「夜の大捜査線」
 この映画も、多分見ていないような気がしますが・・・。
でも、日本語タイトルとしては、秀逸なものになるんじゃないでしょうか。
 さて、今日の3連のバラードは、その「夜の大捜査線」のテーマ曲です。

 
 ところで、日本のテレビドラマのほうは、誰がでていたのでしたっけ?
織田裕二?

 「事件は現場で起きているんだ!」

 このセリフは、なんか記憶があります。
でも、いろんなパロディーにされ、バラエティーでもよく耳にしましたね。

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:音楽

五月のバラ /  津川 晃 [歌謡曲]

 このブログでは、もう何度も取り上げている曲ですが、最初に歌った歌手はまだでした。
 いや、記事としては書いていました。

 五月のバラ

 津川 晃、60年代初期にフランツ・フリーデルとして、外国曲の日本語カバーなどで人気を集めたシンガーですね。
 やっとYoutubeに上がってきました。

 
 

 そういえば、この「五月のバラ」について、いろいろ調べているとき、この津川晃(フランツ・フリーデル)の親族のかたのブログを発見して、亡くなったことを知りました。
 あのブログは、いまどうなったのか、保存していなかったので、もうわかりません。
 この津川晃盤は70年4月に発売されたようです。
東芝のExpressレーベルだったんですね。
 

nice!(0)  コメント(2) 
共通テーマ:音楽

Yes I'm Ready / Barbara Mason [ソウル R&B]

 最近は、英語も小学校から始まるみたいですが、我々の時は中学校からでした。
それも、正しい正しくないは別にして、いまみたいに英語が街中に氾濫していませんでした。
 
 そんなときにラジオからアメリカンポップスや、イギリスからやってきたビートルズによって、英語と触れ合うようになったわけですが、学校で習う英語とラジオから流れてくる英語が、あまりに違っていて驚きました。
 
 そこから猛勉強すればよかったのですが、学校での英語には興味を失ってしまい、成績は急降下。
 いや、降下するほど上ではありませんでしたが。
 

 なかでも発音は、失礼ながら当時の英語の先生がそれほどうまくはなかったため、実際とはかなり違っていました。
 RとL、seaとsheの違い、 thの発音、er で終わる単語と、ar,ir,urなど、今でもよくわかりません。

 さて、ready と lady これも、当時の田舎の中学生には難関でした。
 
 
 いや、難関だったのは私だけかもしれません。  
ほかの人は、そんなの間違えるわけないよ、って言ってるかもしれません。  
 でも、いまの日本人歌手が歌う英語を聴いていると、やっぱり間違えている人が多いですよね。  
 バイリンガルの西田ひかるさんなどは別にして、上手とされている歌手も、やっぱりわかります。    
 でも、これは仕方ないですね、アメリカ人だって、日本語で翻訳(honyaku)は、どうしても「ほんにゃく」になってしまいます。

 追記 アップしてから、この英語ネタは以前にも書いたような気がしてきました。
    (≧◇≦)

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:音楽

Hey There Lonely Girl / Eddie Holman [ソウル R&B]

 最近のヒット曲をきくと、歌手のキーが高いですね。

 キー、つまり「調」ハ長調とかイ短調とかの「調」ですが、人によって違うのが当たり前で、みんながみんな同じキーで歌えるわけではありません。

 そこでカラオケでは、それぞれの人に合わせられるように、キーを上げたり下げたりする機能がついているわけですね。

 ところで、ファルセットという発声方法があります。
ファルセットつまり「裏声」ですが、これも効果的に使えば、かなり高いキーの曲も歌えたりしますが、上手に使わないとカッコ悪くなってしまいます。
 
 でも、全編ファルセットで歌うのは、大変です。

 そんなファルセットの代表曲です。
 
 そういえば、この曲は山下達郎もカバーしてましたね。

 でも、このキーなら、オクターブ下で、ファルセットにせず、地声でふつうに歌えますね。(≧◇≦)
 雰囲気がまるで違ってきますが。

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:音楽

おじゃまします / 南州太郎 [歌謡曲]

 最近テレビを見ることが少なくなりました。
とくに、ワイドショーやバラエティ、お笑い番組などは、まったく関心がなくなりました。
 面白いですか?
いまのテレビに出てるお笑いタレント。
 もう、顔と名前が一致しないというか、ほとんど名前も知りません。
ラジオも、民放では若手お笑いタレントが、とくに深夜は延々と身内話をしています。
 こういうのは放送する価値もないでしょう。
とくにAMラジオはそれが顕著です。
 できる限り早く、若手お笑いタレントとアイドルタレントは、出すのをやめる必要があるんじゃないでしょうか?
 
さて、ちょっと前に人気者になったこのかた。
 この一言で一世を風靡しました。
 
  なんか、ものすごい懐かしいですね。

 それにしても、この3連のバラード歌謡曲は素晴らしい。
以前に取り上げた「宗右衛門町ブルース」もそうですが、まさに鉄板です。
  

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:音楽

At The End Of A Rainbow / Jerry Wallece [ポップス]

 コマーシャルに使われた音楽が大ヒットすることは今でも珍しくはありませんが、それが始まったのは70年代からでしょうか?

 なかでもこの男性化粧品のコマーシャルは、あまりにヒットして確か会社名までその製品名(ブランド?)にかわってしまいましたね。

 男の世界

 「あごに何かついてるよ」
 といわれて、あごに手を当てると・・・
 「う~んマンダム」
  
 なんていう遊びというか、ギャグまで登場して、一大ブームになりました。

 さて、この曲を歌っていた歌手はというと、日本では知られていなかったカントリーシンガーのジェリー・ウォレスでした。
 コマーシャルに出ていたのは、俳優のチャールス・ブロンソンで、当時はチャールス・ブロンソンが歌っていると勘違いしている人もいました。
 
 ジェリー・ウォレスは、日本の化粧品のコマーシャルソングということで、あまり深く考えないでレコーディングしたようですが、日本でのあまりのヒットにはさぞ驚いたでしょうね。

 でも、英語のわからない我々には気になりませんが、アメリカ人にはあまり良い印象はないようですね。
 YouTubeに上がり始めたころ、からかうようなコメントが多かったように思います。

 さて、そのジェリーウォレスの3連のバラードです。

こちらはカバーもたくさんある、アール・グラントの大ヒット曲のカバーです。

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:音楽

おはようダーリン / RCサクセション [日本のロック]

 この冬は比較的寒かった・・・のかな?
正月寒波と、2月初旬、そして中旬~下旬、滋賀県北部でも積雪がありました。
 やっぱり冬は、ある程度積雪があったほうが気分的にもいいですね。
もちろん多すぎるのは嫌ですけど。

 子どもの頃、夜中に北風がビュービュー吹いて、朝起きたら一面が真っ白なんていう日は、うれしかったものです。
 60年以上前、クルマも少なかったので、学校までの道は、人が歩いて固めた1本道というところもあって、これがまた楽しい。
 向こうから対向する人が来ると、お互い脇によけてゆずりあいます。

 帰る頃には車が通ったり、除雪車が通ったりで、路面の雪はなくなりました。
でも、次の日の朝、冷え込んだりすると、表面の融けた雪が再び凍って、その上を歩けたのです。
 そうやって、田んぼなどを横切ったりして学校に行ったものです。
 
 
 さて今日の3連のバラードは、久しぶりにRCサクセションです。

 この曲は恥ずかしながら聴いたことがありませんでした。

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:音楽

Snowtime / Neil Sedaka [ポップス]

 いつのまにか年も変わり、1月下旬。
一年のうちで一番寒い時期ですね・・・というような挨拶がラジオなどから聞こえてきます。

 今年は年末と年が明けてからかなり寒い日がありましたが、その後はそれほどでもないですね。
 このまま春になるのか、また寒波がやってくるのか、どうなんでしょうね。

 さて、今日の3連のバラードは、これにしましょう。


 懐かしい!
ニール・セダカの数多いヒット曲の中では、いまひとつ聴く機会がありませんが、典型的な3連のバラードで、素晴らしいですね。

 それにしても、この新型コロナウイルス、一向に衰える気配がありませんが、みなさまご自愛くださいませ。
 

nice!(0)  コメント(2) 
共通テーマ:音楽

夜霧よ今夜も有難う / 石原裕次郎 [歌謡曲]

 さあ、今年も12月に入りました。
新型コロナのせいで、大変な1年になりましたが、それ以外にもいろんなことがありましたね。

 いつものような年なら、そろそろ忘年会で「夜の街」が賑わいを増す時期ですが、目の敵みたいに言われ寂しくなっているようです。

 この「夜の街」という言葉も、それほどの意味もなく使っていましたが、例の都知事さんがたびたび使ったために、こうやって逆に「 」をつけなければならないような雰囲気にもなりました。
 
 さて、今日の3連のバラードは、ひと昔ふた昔・・・いやもっと前の「夜の街」で、年配のかたがカラオケで歌う曲のベストファイブに入っていたのがこれですね。
 
 いいですね~。
久しぶりに聴きました。
 
 ところで、この曲のバックのテナーサックスも素晴らしいですね。

 いろいろ調べてみたら、ジャズ系の松浦ヤスノブさんらしいですね。 
リーダーアルバムもかなりあるようです。

その娘さんが、シンガーソングライターの松浦有希さん。
 やはり血は争えません。

 

 

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:音楽

枯れ葉の街 / 朝倉由美子 [歌謡曲]


 11月も下旬になって、枯葉が舞う季節ですね。
雨が降ると、道路に貼りついて車がスリップしたり、ということもあり、ちょっと厄介ですね。

 いつだったか、濡れ落ち葉なんていう言葉が流行って、中高年の男性にとっては嫌な季節でもありますが・・・。
 さて、そんな枯葉も、歌の世界ではたくさん出てきて、名曲もいっぱいありますね。
 この曲は、まさに歌謡曲!という雰囲気で、なかなかいいですね。

 
 この朝倉由美子さんんブログがありました。
朝倉由美子のブログ

 ありゃ、10年前で止まっていますね。
今はやりのインスタとかツイッターなどに移行したのかな?

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:音楽

時計を止めて / 草間ルミ [日本のポップス]

 今年ももう10月に入りました。
新型コロナのせいで、いつもとは違う一年になりそうですね。

 さて、今日の3連のバラードはこれです。

草間ルミ.jpg 
  時計をとめて

















 懐かしい・・・と思った人は、たぶん60代以上でしょう。(^_^;)

 この曲、オリジナルはジャックスというグループですが、3連のアレンジではありませんでした。
 こちらは、ほとんど記憶にありませんでしたが、いま聴くとジャックスよりいいですね。

 いまから50年前、日本ではフォークと並んで、こういうポップスが出始め、「はっぴいえんど」などにつながっていったわけですが、時代の空気みたいなものはそれほど感じませんね。

 個人の感想ですが。

 

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:音楽

愛の道標 / 森山良子 [日本のポップス]

 今年も9月に入りました。
やっぱり9月に入ったというだけで、空の色と風がかわりましたね。

1.jpg 滋賀県米原市にある、グリーンパーク山東です。
 右側の山が伊吹山ですが、ちょっと曇って頂上は見えません。
 








 今年の夏は、新型コロナのせいで、いつもと違う夏休みになったというひとも多いようです。
 オリンピックも延期になり(来年できるのかな?)、政権も変わり、激動の(ありきたりな表現)年ですが、季節は確実に移っていきます。(またまたありきたりな表現)(^_^;)

 さて、今日の3連のバラードは森山良子さんです。

  森山良子 愛の道標



nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:音楽

二人の夏 / 椎名 恵 [日本のポップス]

 今年は8月になって梅雨明け、いつもよりかなり遅くなりましたね。
 それに加えて新型コロナのせいで、いつもの夏のような明るさがありません。
 
 やっぱり夏はパーッつと明るくないと気分も出ませんね。
さて夏の3連のバラードというと、たくさんありますが、この曲の女性シンガーによるカバーは珍しいですね。
 男性だと、セルフカバーになるのかな浜田省吾とか、あの山下達郎もライブでは歌っていましたが、あの椎名恵さんが、オリジナルの愛奴とは一味違う魅力を表現しています。
 
 いいですね~。 この曲、女性が歌っても合いますね  声もマッチしているし、素晴らしい。

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:音楽

渚のデイト / 弘田三枝子 [日本のポップス]

 弘田三枝子さんが亡くなりましたね。
昭和30年代の海外ポップスのカバーから、オリジナル、さらにジャズまで、素晴らしい歌を聴かせてくれました。

 このアルバムは、筒美京平作品を集めたものですが、愛聴盤です。
DSC_0120.JPG 












 さて、このブログでも、もちろん取り上げていますが、その時は「恋と涙の17才」でした。
 
  弘田三枝子さんというと、コニー・フランシスのナンバーですね。  
 やっぱりいいですね~。

 改めて、ご冥福をお祈りします。

 
 

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:音楽

横浜ホンキートンクブルース / 石黒 ケイ [日本のポップス]

 日本の曲でも、雰囲気のいいブルースナンバーってありますよね。
これなんかはもうスタンダードになっているんじゃないでしょうか。

 前にも取り上げたと思いますが、それをまた素晴らしい女性シンガーが歌っています。
 
 
 石黒ケイさん。
昔から、こういうブルースやスタンダード系の歌が抜群でしたね。

 なんかこう、大人のいい女という雰囲気で、やっぱりライブハウスなどの小さいハコで聴きたいですね。
 
 最近、この石黒ケイさんがYouTubeで、DJというか、昔のラジオの深夜放送みたいな番組を担当しています。
 お相手が、なんと昔の知り合いで、山本コウタローさんなんかと活動していた、というかマネージャー?だった、三崎孝雄さん。

 これがまた素晴らしい雰囲気なんですよ。


  これはアーカイブで残っているものですが、随時新しくなっています。

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:音楽

愛する人 / 清水まり子 [歌謡曲]

 ひとつの音楽を聴いて、その曲のジャンルを決めたがる人っていますよね。

「これこそがロックだ」
「いや、これはポップスだ」
「これは歌謡曲だ」
「いや、演歌だ」
 
 私の場合、あまりジャンルにこだわることがないので、べつにどうでもいいのです。

 この曲は、そういう議論ではどうなるのでしょう?
動画の中のコメントでは、演歌ではなく歌謡曲だとなっていますが、さあどうでしょうか?
 
 いいですね~。
安定のヴォーカルですね。

 このかたは、よく存じ上げませんが、素晴らしい表現力というか、小さいころのど自慢を総なめにした、なんてエピソードもありそうですね。

 こうなると、ジャンルはもう関係ありません。
だいたい、歌謡曲と演歌の違いというのがわかりません。
 歌謡曲の中に演歌があり、演歌を省くと歌謡曲が成り立たなくなります。
まえに「着物を着て歌うと演歌」ということを誰かが書いていましたが、昔イタリアで伊東ゆかりさんが着物を着てカンツォーネを歌っていました。
 演歌ではなく完全にカンツォーネでした。(^^♪

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:音楽

星影のエール / GReeeeN [日本のポップス]

 最近はテレビを見ることが少なくなって、いまどんな番組に人気があるのか、まったくわかりません。
 たとえばNHKでも、見るのはニュースとスポーツ中継、日曜日の芸術関係の番組くらいです。

 よく大河ドラマとか朝ドラは見てるでしょう、と言われるのですが、正直に言うと朝ドラは「おはなはん」大河ドラマは「花の生涯」でしたっけ、「見たような」記憶しかありません。

 ところで、最近のインターネットで、ニュースも見ることができますが、やっぱりインターネットだけではまずいですね。

 偏るというよりも、悪意を持って騙そうとする「ニュース」もあるので、ほかのメディアのテレビやラジオ、新聞なども同時に見る必要があります。
 さて、今日の3連のバラードは、その朝ドラのテーマ?ですか?
 すみません、これもまったく見たことがなく、わかりません。



 これが毎朝流れているんでしょうか?
なかなかいい曲じゃないですか。(^_^;)

 

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:音楽

恋の出来事 / Sinon [日本のポップス]

 ネット上には、ときどきエッと思うようなシンガーが出てくることがありますね。
このシンガーも、全然存じ上げませんでした。
 素晴らしい3連のバラードですね。
 どういうアーティストなのか知りませんが、もっとメジャーになってもいいと思うのですが。

 それと、気になっているのが、このカーペンターズの驚くようなカバーをしているシンガーです。

 このシンガーと同一人物なのでしょうか?

 それにしても素晴らしい!
 「恋の出来事」も「青春の輝き」も。
 

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:音楽

若い世代 / カトリーヌ・スパーク [カンツォーネ]

 中高生の頃、大好きだった女優のひとり、カトリーヌ・スパーク。
なぜか、写真を見るだけでもドキドキするような魅力がありました。
 こんなアルバムがあったのを忘れていました。
DSC_1304.JPG このアルバムのA面1曲目が有名な「若草の恋」ですが、日本でもヒットしましたよね。

 そして、B面の1曲目に入っているのが、この3連のバラードです。

 若い世代 

  いいですね~。
すっかり忘れていました。

 ところで、この曲、あのフランソワーズ・アルディの作品なんですね。

 それに、イタリア語の歌詞がつけられ、カトリーヌ・スパークが歌い、その人気が決定的なものになりました。

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:音楽
前の20件 | -